ビデオ・経済教育資料

 全国全ての中学校・高等学校、教育委員会等に無償で配布しています。

  • ビデオ(VHS 15分)
      わが国が直面する課題等について、最新の情報とアニメーションや映像を用いて小学生に分かりやすく解説します。
  • 掲示型資料(A全)
      教室の黒板に掲示して、ビデオの視聴に前後して問題定義やまとめ学習に利用します。単純化した表やグラフ、イラストや写真を掲載しています。
  • 教師指導書(A3)
      テーマに関するより詳細な解説をし、学習指導要領に照らし学校での授業における指導のねらいや、授業の展開例を紹介した教員向けの資料です。

年度別一覧

※当センターの教材・資料は学校等に無償にて配布しておりますが、 在庫のあるものにつきましては実費をご負担頂きお分けすることも可能です。 「ご意見・お問合せ」フォームより、ご希望のタイトル、部数を明記の上、お問い合せ下さい。


平成17年度

どくとる・な〜ると考える、森林の大切さ 〜地球に優しい木の役割〜

どくとる・な〜ると考える、森林の大切さ 〜地球に優しい木の役割〜

 日本の国土の約70%を占める森林には「土砂災害防止」「水源涵養」「生物多様性保全」等大切な機能が数多くあります。一方で地球温暖化の進行により様々な影響が懸念され、森林を二酸化炭素の吸収源として整備・保全し、木材などの活用も含めた循環型の社会が目指されています。
 この教材では、以上のような地球温暖化防止に役立つ森林の働きについて学ぶとともに、「自分たちにできることは何か」を考える機会の場を提供いたします。


  • ビデオ (VHS/15分)
  • 掲示型資料(2枚)
  • 教師指導書


平成16年度

どくとる・な〜ると考える、食の大切さ 〜食育〜

どくとる・な?ると考える、食の大切さ ?食育?

わが国の食生活は、昭和50年代に形成された日本型食生活において、栄養バランスの面からも理想的な水準を達成してきました。しかし、近年では油脂類の消費増加が進み栄養バランスの崩れが見られるだけでなく、食糧の海外依存、食べ残しや食品廃棄の増加など様々な問題が生じています。 そうした中、国民一人ひとりが自らの「食」の大切さを学び、規則正しい食習慣や生活を身につける「食育」の推進は非常に重要であると言えます。
 本資料は、次世代を担う児童が現在の日本の食生活の現状を知り、「食」の大切さについて理解を深められるよう、ビデオ、掲示型資料を通して分かりやすく解説します。


  • ビデオ (VHS/15分)
  • 掲示型資料(2枚)
  • 教師指導書


平成15年度

友好を築くのは誰? 〜どくとる・な〜ると考える、日米交流の大切さ〜

友好を築くのは誰? ?どくとる・な?ると考える、日米交流の大切さ?

 2003年、2004年は、1853年のペリー来航、翌1854年の日米和親条約の調印よりちょうど150周年にあたります。この筋目の機会に将来の日米関係を担う児童たちが、日米関係の歴史や現状に関する理解を深められるよう作成されたのがこの教材です。
 「知る」きっかけとして、児童が世界の中の日本という視点で考え、国際社会の一員として平和のためにどうすればいいのかを考える機会とできるよう、授業でぜひご活用下さい。


  • ビデオ (VHS/15分)
  • 掲示型資料(2枚)
  • 教師指導書


Google


WWWを検索
keikyo-center.or.jpを検索

学習ツール

  • PDFライブラリ 教材・資料等のPDFファイルをご自由に閲覧、印刷することができます。
  • 図版資料集各資料に掲載のデータ等の図版をまとめました。ダウンロードして教材の作成等にご利用下さい。